手の平に家の模型

お得に購入する方法

値引き交渉時の注意点

ノートの上に家の模型

住宅は人生で一番高額とも言われる買い物です。中でも注文住宅を購入しようとするとより多くの費用が掛かります。ですから多くの人は少しでも安い費用でよい住宅を手に入れたいと考えます。少しでも安くしてもらうために契約前に住宅価格の値引き交渉を行う人も少なくありません。建築会社によってはこうした値引き交渉を行うためにあらかじめ少し高めの金額に設定していくらまでは値引き可能、何パーセントまでは可能などと会社によって決められている場合もあります。このように値引きをしても会社の利益が減るだけという値引きは建築主には価値のある値引きといえます。しかし中には値引きのしわ寄せが住宅の材料に反映される場合もあるのです。値引きをした分グレードの低い材料を使用したりということです。もちろん構造など法律にかかるような欠陥住宅というわけではないけれども知らない間に品質の低い住宅になっているケースがあるのです。

住宅建築における相場のとらえ方

注文住宅を建築する際に相場や平均価格を知りたいと感じる人も少なくありません。実際にインターネットなどには多くの平均相場に関する数字が掲載されています。しかしこうしたサイトで掲載されている数字に全く同じ数字はありません。というのも注文住宅を建築する際の費用というのは統計の取り方によって全く異なるのです。そして注文住宅といってもハウスメーカーや不動産会社、工務店、設計事務所など多くの建築方法があり全てのデータを取るというのは難しいのです。更にこうしたデータを掲載しているサイトの多くにはこうした情報があくまでも参考という文言があります。というのも電化製品など対象物が全く同じではないので比較することが難しいのです。その中で計画するうえである程度の参考にするための情報といえるのです。実際に相場が3,000万円だとしても1,000万円で建築する人もいれば5,000万円の費用を支払う人もいるのです。