手の平に家の模型

社会状況の反映

住宅販売の動向と傾向

家の設計図と家の模型

住宅の販売戸数というのは景気情勢や社会情勢に大きく左右されます。その一例が消費税の増税です。増税前には駆け込み需要で一時的に急激に増加します。しかし増税後にはその反動で急激に販売数が落ち込みます。景気回復が感じられなければこうした反動は一年近く続くこともあります。景気が回復傾向にある時には住宅の販売戸数も上昇傾向にあります。更に景気回復の一環として新築住宅の販売促進を政府が行うなどよりより住宅の販売戸数は上昇します。しかしこうした新築住宅の販売促進と並行して発生しているのが空き家問題です。新築住宅の建築を行うことで景気を回復させてきたのですがこうした景気対策を行うことで空き家が増加しているのです。

住宅を購入する人の特徴

住宅の販売戸数が減少している中で注文住宅の販売戸数も年々減少しています。ここ数年では注文住宅の販売戸数も100万戸を切っているのです。最近の注文住宅の購入者の多くが一次取得者であるのです。一次取得者とは初めて住宅を購入する人のことです。二十代の後半から三十代の後半くらいの間の購入層が増えているのです。とはいえこうした若い人が比較的高額といわれる注文住宅を購入する際には自己資金も少なく、親などからの援助をもらうケースも少なくありません。幸いにもこうした援助の際にかかる贈与税の非課税枠も増額されよりこうした援助が受けやすくなっているのです。現在は住宅エコポイントや税金の優遇など住宅を購入する際に多くのサポートがあるのでこうしたサポートがあるうちに住宅を建築することでより多くのメリットを得ることができるのです。